« 確定!! | トップページ | よくしゃべってるね。 »

おめでとう!ありがとう!!ブラジルGP

まずは、なによりも!!

★☆Congratulations Kimi☆★


いくらキミがチャンピオンになって欲しいって言っても、やっぱりあきらめてた部分が大きかっただけにまさかこんな展開をするとは思ってなくて、もうどうして良いか分からなくて、涙は止まらないし。
そのことについてはまた後で。
とりあえずレースのこと!!

スタート!
キミがめちゃめちゃいいスタートをして、ハミルトンの前へ!!
1コーナーでマッサにも並ぶも、そこは無理せずマッサの後ろへ・・・。
その後ろではアロンソがハミルトンをパス!!
焦ったのかハミルトンはコースオフして8位まで順位を下げるし!!
他にも、クラッシュとかいろいろあって大波乱の1周目でした。
もう、この時点で「このレースはなにかが起こる!」的な予感はあったのですが、「期待しすぎはだめだ・・」と自分を戒めつつ、wktk(爆)

ハミルトンが着々と順位を上げていた8周目、謎のスローダウン!!
結局原因はなんだったんだろ?
ギアが入らない様子で、「リタイア??リタイアなの?」と期待させたところで、気づいたら普通に走ってるし・・・。
「止まればいいのにー!!」と絶叫したのは秘密ですv
この時点で1位マッサ、2位キミ、だいぶ離れて3位アロンソ、18位ハミルトン。
なんだかキミのワールドチャンピオンが見えてきたような・・・。
でも、なんか実感がわかなくてなんか変な気分のまま比較的大人しくレースを見てました。


21周目、マッサがピットイン。
キミはファステストをたたき出して追い上げるも22周目にはピットに入ってマッサの後ろに戻る。
まだ順位はマッサ、キミ、アロンソの順番。
後ろの方からがんがん順位を上げてるハミルトンが気になるも、過去にマクラーレンの3回ストップに何度も泣かされた経験があるし、最終的にはそこまで上がってこないんじゃないかっていう予感と、不安とが入り交じって気持ち悪くなり始める(爆)
胃が痛かった・・・。


34周目、クビサがアロンソをオーバーテイク。
全然ペースが上がらないアロンソ・・・。
この時点で1位マッサ、2位キミでハミルトンはまだ相当後方だからこのままだとアロンソがチャンピオンだったのに、いくらクビサが軽かったとはいえ抜かれたらいかんでしょう。
キミとアロンソの間も20秒くらいあいてたし・・・・。
フェラーリ2台の独走状態。(あれ?2台だと独走って言わない??)


そして、51周目。
マッサが2回目のピットストップ。
猛然と飛ばすキミ。
なんかこの瞬間、「あぁ、キミがチャンピオンになるんだ!」って実感がわいてきて涙があふれてきました。
2003年からF1を見始めて、ミハエル、モン吉とWC争いをしているキミを見てファンになった私。
もうその時のこととか、2005年のチャンピオン争いとか、一勝も出来なかった去年のこととか、いろいろ思い出しちゃって、キミだってあんなにクールに振る舞ってても、今までこんな思いをしてきたんだから絶対チャンピオンになりたいって思ってるに違いない、って思えてきて。
そしたら、何が何でもマッサの前に出て欲しかった。


そっから3周はただひたすらに祈り続けた。
タイヤは限界っぽいし、多分チーム的にも前に出してもらえるだろうって思いもちょっとあったけど、でもキミの実力で前に出て欲しかった。
私の中でこの3周は本当に長かった・・・。
泣ながら祈り続けた。
54周目、キミがピットイン、そして、マッサの前に!!


その後はハミルトンの動向が気になりつつも、残り周回数が減っていくのをじっと待った感じです。
残り15周くらいで「いったいこのレースは後何分かかるんだろう?」って時計と周回数とを交互に見てたくらい。
7位走行中だったハミルトンは前を走るニックより1秒以上速いペースで走ってるし、地上波実況は「ハミルトンがハイドフェルドに追いつくこともあるかもしれない!」とか言うから、すごい心配したのにあと6周くらいの時に+15秒くらいの表示が出て、一気に力が抜けました。
もし仮に追いついたとしてもニックって相当粘る人だし、そう簡単には抜かせないよ?


残り5周でファステストラップをたたき出すキミ(笑)
もう笑うしかない(^^;)
もう無理しなくて良いから、落ち着いて最後まで走ってくれればいいからって突っ込んじゃいましたよ。


そしてファイナルラップ!!
キミがチェッカーを受けた瞬間「うわーん!!」って泣ながら写真撮ってました(^^;)
もちろんキミが1位、2位マッサ、3位アロンソ、そして1ラップ遅れで7位ハミルトン。
キミがワールドチャンピオンです!!
チームラジオで「僕たちの計算が正しければキミがチャンピオンだ!」って言われてて、どんな弱気なチームラジオ?とか思いつつもホントに嬉しかった。
パルクフェルメではフェラーリクルー達にもみくちゃにされて、1年でしっかりチームにとけ込んでたんだなぁって思いました。


ポディウムに出てきて、まずシャンパンを飲むキミ!
そこで飲むか!と呆れつつも大笑いしちゃいました。
嬉しかったんだよね。
国歌を聴きながら、いつもよりもさらに柔らかい笑顔のキミ。
本当によかったね!!


シャンパンファイトの時に銀色の吹雪がどばー!!って降っててキミの顔にもぺたぺたついててすごい可愛かったです。
もう、ホントに何もかもが幸せな瞬間でした。


何度も繰り返しになるけど、キミ、本当におめでとう!!
そして、こんな素敵な感動をありがとう!!
どんなに厳しい状況でも「まだあきらめない」って言い続けてきたキミの強さがあったからこそ、ワールドチャンピオンを取れたと思います!
このブラジルGPは忘れられないレースの1つになりました。

なんかレースのまとめというか、私の感情の流れをまとめてしまった(爆)

|

« 確定!! | トップページ | よくしゃべってるね。 »

「レースあれこれ」カテゴリの記事

コメント

待ってました☆読みながら、シンクロして、あの夜のジェットコースターのような気持ちを思い出しました。

ルウさんは2003年から、ずっとキミを応援されてたんですね。喜びも一入でしょう(^^*)2006年、2007年前半戦とキャリアが暗転しかけたところで起死回生のタイトル獲得でしたね!ほんとうに良かった(><)

ちなみに、ルイスのスローダウンは、「そうよ!マクに乗ってる以上、快走中の謎のスローダウンは経験しておかなきゃダメなの(キミは散々それに泣かされたって言うのに・爆)!」と思ってしまいました(笑)。

投稿: ゆう | 2007年10月24日 (水) 00時24分

>ゆうさん
コメントありがとうございますvv
本当にジェットコースターのようなレースでしたね!
思い出すたびにあんなにすごいレースを生放送で観戦できて良かったと思います。

キミは今まで何度もチャンピオン手前まで行くもののなかなか手が届かなくて、もしかするとこのまま無冠で終わる人なのかもしれないって思いもちょっとありました。
だって、キミちゃんだし(笑)
でも、ちゃんとチャンピオンをとれて良かった!!


マクラーレン、今年は丈夫すぎました。
来年は調子が良い時にはスローダウン、タイヤバースト、超軽タンでPP取って1回目のピットストップで一気に下位に沈むとんでも戦略、あとはバルサンしてリアウイング飛ばして燃えるといいと思います(爆)
それでこそマクラーレン!

投稿: ルウ | 2007年10月24日 (水) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174513/8565206

この記事へのトラックバック一覧です: おめでとう!ありがとう!!ブラジルGP:

« 確定!! | トップページ | よくしゃべってるね。 »